スタッフブログ

金沢町の家 実物見本で意匠検討!

こんにちは。営業設計の竹村です。

 

ノモトホームズでは、木部の塗装色を検討する際や、

意匠的に重要な(繊細な)ところを検討する際は、

実物見本を協力業者さんにお願いして作ってもらっています。

例えば「金沢町の家」では、軒先を薄く見せるために破風の納まりを特殊にしたことと、

ガルバリウム鋼板を使った屋根と破風、板張りの軒裏の塗装色のバランスを検討するため、

現場監督の上村さん主導のもと、大工さんと板金屋さん、塗装屋さんにお願いして

原寸大のモックアップ(試作)を作ってもらいました。

軒裏の塗装も、濃淡を変えた3種類で検討。

板も実際に使用する杉の一等材で、節の有無による表情の違いが分かるように、

それぞれ2枚ずつ用意していただきました。

 

他にも、建主さまが「外壁の色はどうしよう?!」や

「タイルはどんなのが良いかな?!」と悩まれるところについては、

実物見本をメーカーから取り寄せたり、作ったりします。

 

「金沢町の家」の建主さまからは、和室の塗り壁をいつもの聚楽壁ではなく、

「グレー系の色」をご要望いただきました。

グレー系の色というと、塗り壁では黒漆喰、その他いろんなメーカーからも

黒系統の塗り壁材が出ていますが、後々のメンテナンス性と、

万が一傷が付いた場合に、補修跡がなるべく目立たないようにということ、

もちろんご予算も考える必要がありますので、伊藤さんと左官屋さんに相談しながら、

最終的に「シルタッチ」という塗り壁をご採用いただきました。

左官屋さんはもちろん使ったことがある素材ですが、ノモトホームズでは初めて。

そこで、実物見本と建材の安全性を担保するため「SDS(安全データシート)を

メーカーから取り寄せました。

これは!!とても良い感じ!!(※実際にはコテ跡は付きません)

日塗工の色見本から特注で調色してもらいました。

次回の設計打ち合わせで、建主さまにご確認いただきます。

 

他にも、キッチンと洗面室、食器棚に張るタイルも見本を取り寄せて検討。

タイルの場合、カタログの写真と実物とでは往々にして色が異なります。

またこの写真と実物も色味が異なります。

このように、空間に大きく影響しそうな意匠的な部分や、繊細な部分は、

実物を確認することがとても重要だと思います。

 

★モデルハウス公開中です!お問い合わせはこちらまで↓

ノモトホ-ムズ

所在地:〒950-0862 新潟県新潟市東区竹尾2丁目263-4

電話:025-270-4400

 

 

営業・設計
竹村 泰彦 YASUHIKO TAKEMURA
一番上へ戻る
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • 設計顧問

お問い合わせ

Contact

家づくりに関するお問い合わせ、設計や資金計画についてのご相談は、
何でもお気軽にお寄せください。
お電話やメールでのお問い合わせも承っております。
これから家づくりをお考えの方、まだ先の方にも、資料を準備しておりますので
お問い合わせフォームよりご請求ください。