住宅性能

耐震性能

構造計算(許容応力度計算)を全棟行い、耐震性能について根拠を明確にするとともに、審査機関による技術的審査を受けるようにしています。
新潟では雪の重みを構造計算に加味する必要があるため、最高等級の3では吹抜けや間取りに制限が出る場合もあります。
そこでノモトホームズでは、標準仕様を「耐震等級2以上」とし、間取りや意匠と構造のバランスを考えながら、ご要望に応じて最適なご提案をいたします。

築基準法

断熱性能

省エネルギーで、夏は涼しく冬は暖かく暮らしていただくため、断熱性能(UA値)は0.48W/㎡・K(HEAT20 G1グレード)以下となるように設計します。
熱の出入りが多い開口部は、樹脂製サッシを標準仕様とし、冷暖房効率を高めるLow-E複層ガラス、Low-Eトリプルガラスを採用しています。
もっと断熱性能にこだわられたい方にはHEAT20 G2グレード(UA値=0.34W/㎡・K)以下での設計施工も可能です。

  • ※UA値・・・熱損失の合計を外皮面積で割った値のことで、数値が小さくなるほど熱が逃げにくく、断熱性能が高くなります。
  • ※HEAT20・・・2009年に発足した「2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会」の略称・呼称。国が定めた断熱性能基準(H28年省エネ基準・ZEH基準)とは別に、独自の基準(G1~G3)を設けています。
  • ※Low-Eガラス・・・ガラスの表面にLow-E膜といわれる特殊な金属膜(酸化錫や銀)をコーティングしたガラスのことで、太陽の熱や部屋を暖房で暖めた熱を吸収・反射します。
断熱性能比較

気密性能

全棟気密測定を行い、C値=0.5以下(メーカー既製品玄関ドア仕様)、C値=1.0以下(造作木製玄関ドア仕様)と、玄関ドアの仕様に応じた2つの基準を設けています。
玄関ドアは、一番気密が取りにくいところです。ですから、数値にこだわられたい方にはメーカー既製品玄関ドアをご提案しています。
数値よりも見た目や手触り、質感を優先されたい方には、造作木製玄関ドアにすることをおすすめしています。

  • ※C値・・・建物にある隙間面積を延床面積で割った数値のことで、数値が小さくなるほど気密性が高くなります。
造作木製玄関造作木製玄関ドア
気密測定気密測定の様子

長期優良住宅の基準に適合

長期優良住宅とは、「長期間にわたり良好な状態で暮らせるための措置が、構造や設備に講じられた優良な住宅」のことです。
審査機関による技術的審査の後、行政に申請し、認定を受けるものです。安心して長く暮らしていただきたいからこそ、
標準仕様で長期優良住宅の基準に適合できるようにしています。

一番上へ戻る
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • 設計顧問

お問い合わせ

Contact

家づくりに関するお問い合わせ、設計や資金計画についてのご相談は、
何でもお気軽にお寄せください。
お電話やメールでのお問い合わせも承っております。
これから家づくりをお考えの方、まだ先の方にも、資料を準備しておりますので
お問い合わせフォームよりご請求ください。

ノモトホームズ公式
LINE@
QRコード
最新情報をいち早くお届けします!
友だち追加