スタッフブログ

根津美術館の庭園がすごい!

こんにちは。営業設計の竹村です。

さて、前回に引き続き根津美術館レポをささっと・・・

 

根津美術館、とにかく日本庭園がすごい!

東京の一等地に、こんな場所があるのか!とびっくり。

もはや日本庭園でなく、山中を散策しているかのようです。

 

園内にはいくつもの茶室が点在しています。

あいにく中に入ることはできませんでしたが、見ているだけでワクワクします。

 

特に園路がとても面白く、しばらく観察していました。

アプローチは、建築的には先が見えない方が期待感が生まれ、良いアプローチとなります。

また直線でなく、折れ曲がったりゆるやかにカーブしてる方が良いアプローチです。

そうすることで、歩く人の視線の向きが変わり、次々と違う場面が展開されるからです。

これを建築の世界では「シークエンス」と呼びます。

最短で建物に入れるけれど、あえて遠回りさせる・・・というのは良くある手法です。

 

仕上げを見ていても、勉強になるものがたくさんありました。

例えばこれは、アプローチの角度が変わる部分に引き石を埋め込んだもの。

造園家の遊び心を感じます。

アプローチの直線と直線が交差する部分の処理はなかなか悩ましいですが、

こんな手があったか!と感心させられました。

 

先ほどの引き石の相棒なのでしょうか、ここにも発見!

 

こちらの石畳みは、のみ切り仕上げのテクスチャーがとても美しく感じられ、

しばらく見入ってしまいました。

 

この飛石は、あるところは隙間を石で埋め、あるところは苔を植えています。

更に奥には方形の石を敷いています。

建築的には様々な要素が詰まるとパッチワーク的になりがちですが、

石という素材と飛石の連続性が、美しくさせているのだと感じました。

 

この石橋も面白いですね。(この石を運んできた方法が知りたい・・・)

アプローチの角度が変わるところは、小判の乱形で納めています。

竹柵から向こうはまた、石畳のパターンを変えています。

 

これらは住宅の外構計画でも十分応用が利く意匠です。

「村上の家」で造園をお願いした造園家の小林さんも、石使いは得意とするところ。

これから新築をお考えの皆さま、庭造りをお考えの皆さま、

ぜひ美しいアプローチを実現してみませんか?

 

★モデルハウス公開中です!お問い合わせはこちらまで↓

ノモトホ-ムズ

所在地:〒950-0862 新潟県新潟市東区竹尾2丁目263-4

電話:025-270-4400

 

 

 

 

 

営業・設計
竹村 泰彦 YASUHIKO TAKEMURA
一番上へ戻る
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • 設計顧問

お問い合わせ

Contact

家づくりに関するお問い合わせ、設計や資金計画についてのご相談は、
何でもお気軽にお寄せください。
お電話やメールでのお問い合わせも承っております。
これから家づくりをお考えの方、まだ先の方にも、資料を準備しておりますので
お問い合わせフォームよりご請求ください。