お客様の声

築2年 京王の家

不思議な偶然に「縁」を感じました。

家づくりのきっかけについて、教えてください。

ご主人  結婚してからもずっと親が建てた家で同居していたのですが、8年前に父が病で倒れて現役引退したころから、自分が主として家を作りたいと思うようになったんですね。父の体調もあってタイミングを待つつもりが、この土地が売りに出ているのを妻が見つけて、あれよあれよという間に話が進みました。

 

ノモトホームズをどこで知りましたか?

ご主人  最初に行った総合住宅展示場で、妻が木の家を謳っている住宅メーカーを気に入ったんです。さすがにその1社で決めるのもどうかと思って、近くで木の家を作っている住宅会社を検索したら、竹尾に展示場があるぞと。それで大雪のなかを出かけたのがノモトホームズさんでした。行ってみたら、びっくりしたんだよね?

奥様  前を通るたびに「すごく素敵な家だな。でも個人のお宅なのかな?」とずっと気になっていたのが、ノモトホームズさんの展示場だったんです。着いたら「あれ?ここなの!?」って、嬉しい驚きでしたね。ドアを開けて入った瞬間から「これ!この感じがいい!」と思いました。白い漆喰の壁と無垢材の色合いが好きだったし、和紙の襖や障子の意匠もすごくお洒落で、こういう和のデザインもあるんだなと思いました。

 

最終的にノモトホームズに決めたポイントは何ですか?

ご主人  営業部長さんが最初から好印象で、真面目で実直で信頼できましたね。見積りの出し方も、住宅メーカーは予算のかなり上の金額を提示して、徐々に仕様を落としてくるんですが、ノモトさんは最初から「わかりました」と言って合わせてくれた。そこは大きく違いました。

野本  ありがとうございます。

ご主人  それからご縁も感じたんです。展示場を妻が知っていたこともそうですし、展示場の中には妻がこだわっているギャッベが敷いてあったり、造園屋さんが妻の実家に出入りしていた造園屋さんだったり。これは後になって分かったことですが、私の父が社長を務めていた水道屋さんをずっと使ってくださっていて、それにも驚きましたね。不思議な縁があるものだなと思いました。

 

無垢の床を裸足で歩くのが最高!

家づくりでこだわったところはどこですか?

奥様  キャットポールかな。2匹の猫たちにとっても住みやすい家だといいなと思って、設置をお願いしました。建築家の伊藤さんが「こんな感じです」って模型も作ってきてくださるなど、すごく丁寧に仕上げていただきました。庭には、よその猫や鳥、蝶などが来るので、ポールに登って外を見てますね。

オリジナルで作ったキャットポール

 

ご主人  全体的にはお任せした感じですが、喫煙する場所は欲しいと思って、階段下に「秘密基地」ができました。朝起きたらコーヒーを持って入って、ネットをチェックしています。ノモトさんのブログも楽しませてもらっていますよ。

ご主人こだわりの秘密基地

 

奥様  間取りは二世帯住宅なので、どちらのリビングも日当たりが良いように考えてもらいました。玄関から直接それぞれのエリアに行けるように考えていただいて、三方に出入り口がある珍しい形になりました。

ご主人  設計力には、「なるほど!」と思うことが幾度もありましたね。

 

お住まいのお気に入りの場所を教えてください

ご主人  杉の無垢の床は最高です。裸足で歩くのが気持ちいいですね。あとはリビング。ギャッベの上に寝転がるのが好きです。ダイニングに座ったときの落ち着く感じもいいですよ。リビングより天井が低くしてあることがポイントだと聞きました。

奥様  私もリビングのソファに座って、庭を眺めている時間が最高ですね。キッチンに明かり採りの窓があるんですけど、そこから青空が見えるときもうれしい。屋根の勾配などを考えて設計されていて、絶対に直射日光が入ってこないのも、すごいなと思っています。

キッチンの天窓からは、優しい自然光が注ぐ

 

家を建てて、生き方が変わりました。

 

住み心地はいかがですか?

奥様  動線が考えられた間取りなので、とても家事がしやすいです。駐車場とパントリーが直結しているので、買い物してきたものを運ぶのも楽ですね。杉の床は猫たちの爪で傷も付くのですが、その分猫の脚にも優しいですし、意外と汚れないんですよ。びっくりしたのは、引っ越しした年の大晦日に赤ワインをこぼして染みを作ってしまって、ガッカリしていたんですが、いつのまにか消えて分からなくなっていたこと。そんなことがあるんですね。

野本  木が飲んだんですかね(笑)。確かにそういうお話は聞くことがあります。

奥様  あとは、ここに引っ越してきてから家庭菜園を頑張っています。野本社長のブログにも触発されていますよ。ミニトマトやサニーレタス、枝豆、かきのもとなどを作りました。実家からブルーベリーの木も移植しました。収穫が楽しいです。

ご主人  私はこの家で暮らし始めて、ライフスタイルが変わりました。今まで草や木なんて全く触ったことのない人間だったんです。花の名前も知らなかった。そんな自分が畑をやったり、メダカ池を作ったりしている。メダカ池にはミゾソバとかオモダカとか、野生の植物を植えてるんです。セリを植えたらキアゲハが卵を産んで、羽化して、この庭から旅立っていきました。すごいことですよね。

庭づくりが暮らしの楽しみに

 

暮らしに対する考え方が変わる家だと思います。

これからノモトホームズで家づくりを検討される方へ、メッセージをお願いいたします。

ご主人  ノモトホームズの家は、分かる人には分かる家。分かってしまうと、こんなに楽しいことはないです。外観だけを見ると、建物の高さはそんなに高くない。ぱっと見は地味に感じるかもしれないけど、敢えて低くしてある。その意味を分かっている人が見たら、良い家だなと思ってくれると考えるとうれしくなりますね。そして、建物自体もいいけれど、庭などを含めた全体の空間がいい。暮らしに対する考え方が変わる家だと思います。

野本  まさに当社が提案したい暮らしを楽しんでいただけているようで、うれしく思います。これからもよろしくお願いいたします。

photo

一番上へ戻る
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • 設計顧問

お問い合わせ

Contact

家づくりに関するお問い合わせ、設計や資金計画についてのご相談は、
何でもお気軽にお寄せください。
お電話やメールでのお問い合わせも承っております。
これから家づくりをお考えの方、まだ先の方にも、資料を準備しておりますので
お問い合わせフォームよりご請求ください。