スタッフブログ

根津美術館に行ってきました!

こんにちは。営業設計の竹村です。

 

前回のブログにてご紹介させていただいた「玉川学園の家」見学後、

港区南青山にある「根津美術館」を見学してきました。

設計は建築家の隈研吾 氏。

地下鉄銀座線表参道駅を出て徒歩10分ほどのところにあり、

2009年に開館した和の佇まいを持つ私立美術館です。

外観で特徴的なのは、瓦屋根から続く薄い軒先。スチールでできています。

 

エントランスまでのアプローチ。

竹格子に深い軒が特徴的で、根津美術館といえばこのアプローチが有名です。

 

軒裏は木毛セメント板?の様な素材が使われていました。

木造建築で言うところの化粧垂木は、スチールで構成されています。

 

エントランスはこのような感じです。

鉄骨の登り梁が、繊細なデザインの屋根、アプローチに比べて荒々しい印象を受けます。

 

エントランスホールはこのような感じです。

軽やかに並ぶ天井の化粧パネルは、木目が印刷されたいわゆる「新建材」です。

警備員さんもにっこり。

 

恒例のトイレチェック。間接照明が使われていました。

根津美術館の展示品は、日本画が中心となります。

一般的な日本画の展示室の照度は150~300lx(ルクス)。

そこでトイレを明るくし過ぎると問題があるため、

あえてのこの照度で設計されています(と解釈しました)。

 

長くなりそうですので、今回はここまで。

次回のブログで、根津美術館の庭園についてご紹介させていただきます!

 

なぜ化粧垂木がスチールなのか、軒先が薄いのか、

軒裏が木毛セメント板なのか、竹格子なのか、木目の化粧パネルなのか・・・

庭園を1時間程歩き回っていると、ほんの少し分かったような気がしました。

 

★モデルハウス公開中です!お問い合わせはこちらまで↓

ノモトホ-ムズ

所在地:〒950-0862 新潟県新潟市東区竹尾2丁目263-4

電話:025-270-4400

 

営業・設計
竹村 泰彦 YASUHIKO TAKEMURA
一番上へ戻る
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • 設計顧問

お問い合わせ

Contact

家づくりに関するお問い合わせ、設計や資金計画についてのご相談は、
何でもお気軽にお寄せください。
お電話やメールでのお問い合わせも承っております。
これから家づくりをお考えの方、まだ先の方にも、資料を準備しておりますので
お問い合わせフォームよりご請求ください。