スタッフブログ

建物の外皮性能を考える

こんにちは。営業設計の竹村です。

 

さて、冬温かく、夏涼しく快適に暮らしていくためには、

建物の「外皮性能」がとても重要になります。

この外皮性能(=断熱性能)が高ければ高いほど、室内の温度も一定に保たれ、

少ないエネルギーで光熱費を抑えながら、快適に暮らすことができます。

 

外皮とは、建物の内部と外部の熱的境界のことを指します。

例えば、外壁や屋根、窓、玄関ドア、床(基礎)などです。

この外皮のから室内の熱がどれくらい逃げていくか、というのが

外皮計算により求められ、それが外皮性能と呼ばれる一つの指標となります。

つまり、外皮性能を上げると室温が下がりにくい快適な住まいとなります。

 

上記の外皮の中でも、一番熱が逃げていきやすい部分がサッシです。

業界内で良くある例え話ですが、モコモコのダウンジャケットに、

ぽっかりと穴が空いている部分がサッシです。

断熱材を厚くしたり、高性能な断熱材を使えば、

もちろん建物全体の断熱性能は上がりますが、安価に家全体の断熱性能を上げるには、

サッシをグレードアップすることが、一番コストパフォーマンスの良い方法です。

 

先日、YKKAPさんのショールームに建主さまをご案内させていただきました。

従来のアルミサッシが取りついた部屋、樹脂サッシが取りついた部屋で

エアコンの温かさを体感できる8畳ほどの特別な部屋があるのですが、

樹脂サッシが取りついた部屋の方が、一月あたり1700円くらい電気代が安いとのこと。

建物一軒につき4台エアコンがあると単純に考えると、その差は6800円!

これが1シーズンで約3万円・・・10年で30万円・・・(夏場の冷房費用は省いています)

 

ノモトホームズの標準仕様はもちろん「樹脂サッシ」です。

その分、費用もそれなりにかかってくるところですが、

健康やランニングコストを考えますと、最初にコストをかけておくべき部分かと思います。

以下の2製品は、ノモトホームズで採用している樹脂サッシです。

 

■YKKap/APW330シリーズ

■■YKKap/APW430シリーズ

APW430シリーズの方がコストアップにはなりますが、

断熱性能を考えた場合はおすすめです!

 

★モデルハウス公開中です!お問い合わせはこちらまで↓

ノモトホ-ムズ

所在地:〒950-0862 新潟県新潟市東区竹尾2丁目263-4

電話:025-270-4400

 

 

 

 

 

 

 

 

営業・設計
竹村 泰彦 YASUHIKO TAKEMURA
ノモトホームズ公式
LINE@
QRコード
最新情報をいち早くお届けします!
友だち追加
一番上へ戻る
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • 設計顧問

お問い合わせ

Contact

家づくりに関するお問い合わせ、設計や資金計画についてのご相談は、
何でもお気軽にお寄せください。
お電話やメールでのお問い合わせも承っております。
これから家づくりをお考えの方、まだ先の方にも、資料を準備しておりますので
お問い合わせフォームよりご請求ください。

ノモトホームズ公式
LINE@
QRコード
最新情報をいち早くお届けします!
友だち追加