スタッフブログ

新石山の家 漆喰塗り体験!

こんにちは。

新潟で自然素材の注文住宅を建てるなら新潟のノモトホームズ|営業設計の竹村です。

 

先週、「新石山の家」のお施主様に、漆喰を塗っていただきました。

漆喰は、下塗り→中塗り→上塗り→仕上げの4つの工程の作業となりますが、

今回体験いただくのは「中塗り」からの工程となりました。

SONY DSC

今回の漆喰塗り体験のキャンバスは、キッチン脇の腰壁。

ダイニングとキッチンのちょうど真ん中で、日頃一番良く目にする場所かもしれません。

もちろん皆さん初めての作業ですが、佐藤左官のレクチャーを受けていただきながら、

ご主人奥様を始め、お子様からお母様まで、皆さんに塗っていただきました。

上の写真は「中塗り」の様子です。

子ども用の小さいコテも佐藤左官が用意してくれました。

「ツナマヨみたい!」とお兄ちゃん。

漆喰は乾燥すると白くなりますが、水分を含んだ状態ではややベージュがかった色味をしています。

本当、子どもの発想は豊かです!

 

SONY DSC

慣れない作業に苦戦されながらも、地道にキャンバスを漆喰で埋めていきます。

終盤になると少しコツを掴んで塗られていましたが、それでも時間はかかります。

「職人さんだと、これくらいの面積は何分くらいで塗るんですか?」と奥様からご質問。

「5分くらいです!」と佐藤左官。

私たちからすれば30分40分かかりそうなところですが、職人さんは本当にすごいですね。

 

「漆喰塗りは面白いですか?自分たち職人は毎日塗っていますので、その辺の感覚が分からないのですが・・・笑」

と今度は佐藤左官からお施主様に質問です。

「面白いですし、こういった体験はありがたいですね。このようなイベントを通して、

家がどうやってつくられているのか知れるというのは、安心にもつながります」とご主人。

SONY DSC

最後はいよいよ仕上げの作業に入ります。

 

「漆喰塗りに正解は無いんです。自分が思うように塗ってもらって良いですよ」と佐藤左官。

なるほど、非常に奥が深い名言だなぁと考えつつも、佐藤左官の厳しい視線が感じられます・・・笑

SONY DSC

こうして完成したキッチン脇の腰壁ですが、仕上がってみるとやっぱり他の部分とは仕上がり具合が違います。

でも、それがまた住まいの個性となり、味となり、特別な意味を持っていきます。

 

お施主様が「家づくり」にご参加いただくことは、もちろんご家族の記念にもなりますが、

住まいに対する愛着に繋がるのではないでしょうか。

 

★「新石山の家」OPEN HOUSE 開催!!

お客様のご厚意により、4月1日(日)に1日限りのオープンハウスを開催させていただきます。

ご予約はお早めに!

 

★モデルハウス公開中です!お問い合わせはこちらまで↓

ノモトホームズ

所在地:〒950-0862 新潟県新潟市東区竹尾2丁目263−4

電話:025-270-4400

 

営業・設計
竹村 泰彦 YASUHIKO TAKEMURA
一番上へ戻る
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • 設計顧問

お問い合わせ

Contact

家づくりに関するお問い合わせ、設計や資金計画についてのご相談は、
何でもお気軽にお寄せください。
お電話やメールでのお問い合わせも承っております。
これから家づくりをお考えの方、まだ先の方にも、資料を準備しておりますので
お問い合わせフォームよりご請求ください。

ノモトホームズ公式
LINE@
QRコード
最新情報をいち早くお届けします!
友だち追加