スタッフブログ

設計のこだわり

こんにちは。営業設計の竹村です。

 

まずはお知らせからです。

今週末、来週末と2週連続で完成見学会を開催させていただきます。

10月30日・31日は、「宮古木の家 完成見学会」、

11月6日・7日は、「村上の家Ⅱ 完成見学会」となります。

どちらも建主さまのご厚意により、開催させていただくものです。

ご快諾いただけました建主さまには、心から感謝申し上げます。

見学会の詳細はイベントページに記載しておりますので、ご確認くださいませ。

 

さて、ノモトホームズでは「毎日誰かしらのスタッフがブログを書く」というルールで

日々、ホームページの更新を頑張っています。

イベントや定期点検でお会いするオーナー様、建築中の建主さま、

これから家づくりをお考えの方から、

「いつもブログ見てますよー!」とお声がけいただけることが嬉しく、

励みになっています。いつも本当にありがとうございます。

毎日家づくりについて2000字を超えるようながっつり系の記事は書けませんが・・・

私たちスタッフの”人となり”みたいなものを、感じ取っていただければと思っています。

そんな私のブログですが、最近ブログは2000字書くと決めているものの、

これがなかなかハードルが高く、ブログを書こうと思ってパソコンに向かうと、

最低でも30分はにらめっこの状態が続いていました。

わりと文章を書くのは好きな方なのですが、とは言え「ブログを書く」という作業は

気合のいる作業なので、どうすれば早くブログを書けるかなぁと、いつも考えていました。

例えば、先に何を書こうか決めてからパソコンに向かうのが早いです。

パソコンに向かってから何を書こうか考え始めると、これは相当時間がかかりますし、

テキストも打っては消して、という作業が多く手戻りが増えてしまいます。

なので「あ、今日はブログ当番だな!」と思った日は、朝から何を書こうか考えています。

それともう一つ、最近編み出した必殺技がありまして、

帰宅途中の車内でブログに書くことを決めつつ、家に帰ったらすぐに、

スマホの音声入力機能を使って、言葉で文章入力するという方法です。

もちろんそのままだと誤字脱字が結構ありますので、

スマホで入力したテキストをメールでPCに送り、ブログに張り付けてから添削します。

そうすることで、2000字はいとも簡単にテキスト化できてしまいます。

もし同じ境遇?の方がいらっしゃいましたら、スマホの音声入力をぜひお試しください。

 

さてようやく本題なのですが、

本日展示場にいらっしゃったお客様から、

「ノモトホームズさんに要望をお伝えした時は、どのような対応になりますか?

例えば、プロとして内心それはいまいちだな・・・と思いながらも、要望は要望なので、

そのまますんなり設計に反映されるのでしょうか?」というご質問をいただきました。

凄く嬉しいご質問でしたので、私なりの考えをブログでご紹介させていただきますね。

 

私はたくさんご要望いただければいただくほど、良い住まいになると思っていますので、

ご遠慮なさらず、できればたくさんご要望を言ってくださいね、と毎回お願いしています。

(ここで言う要望とは、例えばコンセントを1カ所増やしたいというようなものでは無く、

明るいリビングが良い、使いやすいキッチンが良い、のびのび暮らせる家というような、

住まいの本質的な要望のことを言います)

いただいたご要望については、

意匠、予算、法律、構造、工期、耐久性、温熱環境、防水、使い勝手、

施工可能かどうかといった、様々な事象を検討しながら整理して、

取りまとめて家づくりに反映させていきます。

これが「設計」の仕事です。

※絶対にやめた方が良い!というご要望については、全力で止めに入らせていただきます!

 

大切にしたいのは、例えば「天井を高くしたい」というご要望に対しては、

「なぜ天井を高くしたいのか」というご要望の「根本的な部分」について

じっくりヒアリングさせていただきながら、最適解を探したいと思っています。

天井を高くするデメリットも、もちろんたくさんありますし、

部屋の横幅や広さによっては、プロポーションが崩れ、

落ち着きの無いだらーっとした空間になってしまいます。

例えば「天井高さ2.5mのトイレ」というと、なんだか井戸の底の様に思います。

そこで、「天井を高くしたい」の根本的な部分が「開放感が欲しい」であれば、

部屋全体を高くすることも一手なのですが、

私たちはあえて一部に低い天井も作りながら、高い天井と低い天井で強弱を設け、

場面の変化、空間の変化、視線の変化を設計します。

例えば竹尾モデルハウスは、パブリックな広間からキッチン、浴室、トイレなどの

プライベートな空間にいくにつれ、天井が低くなっています。

空間の強弱に加え、ある種のヒエラルキーの様な、空間の序列も考慮されています。

 

いただいたご要望をストレートに設計に反映するというのは、

これは言ってしまえば簡単な事ですが、

ご要望に対して満塁ホームランでお返しするのが、

ノモトホームズの家づくりだと思っています。

#ストレートからのホームラン

#うまく言えたのか!?笑

WEB見学会開催中

新潟の木の家
お問い合わせ・資料請求

 

★モデルハウス公開中です!お問い合わせはこちらまで↓

ノモトホームズ

所在地:〒950-0862 新潟県新潟市東区竹尾2丁目263-4

電話:025-270-4400

営業・設計
竹村 泰彦 YASUHIKO TAKEMURA
ノモトホームズ公式
LINE@
QRコード
最新情報をいち早くお届けします!
友だち追加
一番上へ戻る
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • 設計顧問

お問い合わせ

Contact

家づくりに関するお問い合わせ、設計や資金計画についてのご相談は、
何でもお気軽にお寄せください。
お電話やメールでのお問い合わせも承っております。
これから家づくりをお考えの方、まだ先の方にも、資料を準備しておりますので
お問い合わせフォームよりご請求ください。

ノモトホームズ公式
LINE@
QRコード
最新情報をいち早くお届けします!
友だち追加