パッシブ冷暖

パッシブデザインとは

パッシブ冷暖とは

「パッシブ」とは、「アクティブ」の対義語で受動的という意味です。
「パッシブデザイン」とは、光・熱・風といった「自然エネルギー」を受動的に利用して、
快適な住まいづくりをしようとする設計思想・設計手法のことをいいます。
自然の光や風を上手に活用して室内を冬あたたかく、夏すずしくするため、
電気やガスなどへの依存率を減少し、省エネでありながら快適で健康的に暮らすことができます。

パッシブ冷暖

Passive冷暖 - ミニマム最適冷暖房システム -

夏と冬の相反する外気温に対して建てる時にしかできないパッシブデザインと建物の断熱性能を高くする事で、いずれ交換が必要な冷暖房システムをミニマムで最適なパッシブ冷暖を採用します。したがってこの「パッシブ冷暖」を採用するためには、断熱性能、夏の日射遮へい性能、冬の日射取得性能を一定のレベルにすることが条件となります。

パッシブデザインが不十分な家 パッシブデザインが不十分な家は、
夏暑く冬寒い
パッシブデザインを組み込んだ家 パッシブデザインを組み込んだ家は、
夏涼しく冬暖かいに近づく
さらにパッシブ冷暖を組み込んだ家 さらにパッシブ冷暖を組み込む事で安定した
夏涼しく冬暖かいが実現

最小で最適な冷暖房システム

暖房 ヒートポンプ式エアコンで「床下空間」を暖めることで、足元からじんわり暖かくなるという高い快適性が得られるところが大きな特長です。最近ではエアコンで暖房する家庭も増えてきましたが、その温風を心地よく感じなかったり、足元が冷えて顔がのぼせたりもします。また最近のエアコンは暖房設備の中でもっとも効率がよく、その省エネルギー性を活用することができることも特長のひとつです。当然、暖房にかかる光熱費も安くて済みます。
冷房 床下空間をある程度冷やしながら、冷たい熱を壁の上部に持ってくる工夫によって「冷たい空気は下に降りる」という原理を活用します。この結果、ほとんどの冷暖房の風を感じることなく、極めて高い快適性が得られることになります。”やわらかな冷房”で涼感が得られます。

システムとシミュレーション

パッシブ冷暖を導入する際には、「FlowDesigner」という詳細な熱と気流のシミュレーションツールを使います。このツールは最適な温熱環境(暖涼感を決める環境)を検討する上で、現在もっとも詳細で信頼性が高いツールという評価を得ているものです。エアコンを使って、床下へ温風、冷風を吹く事により、何より課題になるのが「場所ごとの温度ムラをどうなくすか?」ということです。パッシブ冷暖ではエアコンの温風・冷風を床下に送り込むダクトの配置などをしっかり検討することで、この解決を図っています。ただ、単純に床下エアコンを設置するだけでは、場所ごとの温度ムラができてしまう可能性が高いのです。「パッシブ冷暖」は床下エアコンの原理的な優位性を考えつつ、できる限りシンプルなシステムで、床下エアコンにおける課題を解決しようとするものであると言えます。

「FlowDesigner」を使用したシミュレーション 熱のシミュレーション 熱のシミュレーション
気流のシミュレーション 気流のシミュレーション
床下空間の気流の流れ方 他の床下エアコン 他の床下エアコン
パッシブ冷暖 パッシブ冷暖
一棟一棟の異なる建物に対し、熱の移動と気流を読んで冷暖房システムを提案する。 一棟一棟の異なる建物に対し、熱の移動と気流を読んで冷暖房システムを提案する。

冷暖房設備の比較

パッシブ冷暖とその他の暖房・冷房との比較
パッシブ冷暖とその他の暖房・冷房との比較

POINT

  • ・適正価格で冷暖房に対応。部分間欠冷暖房にも転用可能
  • ・質の高い快適性の獲得。対流と輻射の冷暖房方式で頭寒足熱。
  • ・光熱費が低価格。(年間4~5万円※2014年試算)
  • ・乾燥しすぎず、肌がカサカサしない。
  • ・冬、朝起きるときに寒さを感じない。
  • ・安定した室温により、寝付きがよくなり熟睡できる。
  • ・メンテナンスは通常のエアコンと同じでお手軽。
  • ・機器の交換もエアコンの変更のみでお手軽。
一番上へ戻る
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • 設計顧問

お問い合わせ

Contact

家づくりに関するお問い合わせ、設計や資金計画についてのご相談は、
何でもお気軽にお寄せください。
お電話やメールでのお問い合わせも承っております。
これから家づくりをお考えの方、まだ先の方にも、資料を準備しておりますので
お問い合わせフォームよりご請求ください。