sawa.glass

ガラスの美しさをもっと身近に

ガラスフュージングという技法でガラスアクセサリーを制作している笹川さん。板ガラスを専用カッターで切り、研磨機で削って形を作っていき、電気炉で融かして作りあげます。いびつな形をしているのもおしゃれで、全く同じ形がないという点も作品の魅力の一つです。

笹川さんは子供の頃からものづくりが好きで、自分の作ったものを売りたいという夢を持っていたそうです。ガラスアクセサリー作家としての夢が叶った今でも、ガラスの透明感が好きで様々な形に変化するところや、失敗だと思っても意外と綺麗に出来上がったりと、予想通りにいかないところにおもしろさを覚え、益々ガラスの特性に魅了されているようです。

色の組み合わせ、形などは笹川さんのセンスが存分に表現されており、目移りする程きれいで、ガラスの魅力をよく知っている笹川さんだからこその作品になっているのではないでしょうか。

作品を作る上では、シンプルで長く使って頂けるものを心がけています。普段使いができるように、洋服に合わせやすい色使いや形をデザインしています。

年齢など関係なく多くの人に手に取ってもらいたい、お子様から年配の方まで誰にでも合うような作品作りを心がけています。色とりどりのsawa.glassのアクセサリーで心もクリアに、そして心がわくわくする作品を探してみませんか。

「sawa.glass」さんをお知りになりたい方はコチラ