Bliss Candle

キャンドルの美しさを追求し、たくさんの人に広めたい

Bliss Candle店主水上さんは、元々持っていたキャンドルに対するイメージを覆されたという程、美しさに感激してキャンドルにのめり込んでいったそうです。興味を持ち始めた当初は、新潟県内では教室がなく県外へ行き、技術を習得しました。今では新潟県内でも少しずつ広まりつつありますが、もっと身近にキャンドルを楽しんで欲しいとの思いで、自宅教室やワークショップも開催しています。

水上さんの作るキャンドルは明るいパステル系の色合いがメインで、見た方の心を動かすような、胸躍るようなものを作りたいという気持ちで制作されています。ロウを融かし、専用の着色料で色をつけますが、着色料の組み合わせと濃さを調整し調和の取れた色をつける、この段階が最もこだわる工程であり、個性を表現できると言います。シンプルなほど難しく手間がかかり、大変だそうです。ぜひ水上さんの作り出すキャンドルの美しさをじっくり見て欲しいと思います。

また、飾って眺めるのも楽しみの一つでありますが、火をつけて綺麗に灯るところまで計算して色味をつけているそうですので、実際に火をつけてみてください。火をつけたキャンドルもまた魅力があります。

そして、溶けて形が変わっていきますが、その変化も楽しんで欲しいと水上さんは言います。暮らしの中に美しいキャンドルを取り入れ、癒されてみませんか?

「Bliss Candle」さんをお知りになりたい方はコチラ