革工房datto

細部までこだわり抜いた、納得できるものをお届けしたい

革小物、革財布、革鞄の制作をしている革工房 datto さん。

5 年程前から制作を始めて以来、ずっと革の持ち味を生かした作品づくりをされています。長く大切に使ってもらいたい、そのためには使いやすいデザインであることが重要ですが、革工房 datto さんは最初に試作品を作り、実際に自分で使ってみて、使い勝手を確認し追求します。自分自身でも納得した作品をお届けしたいというこだわりがあるためです。

型紙を起こして革や金具を選定し、1 針ずつ手縫いをする際も、糸の撚り(より)を正しながら縫いあげていきます。革工房 datto さんのこだわりの強さはデザイン、材料選び、縫い方など、全ての工程において細部まで行き届いています。

他にも、見た目に手縫いとわかるような縫い目ではなく、手縫いで仕上げていることに驚かれる位、ミシンで仕上げたような整った縫い目にしたいとも話しています。材料が無駄になっても構わない、綺麗に仕上がっていないと気が済まない、納得した作品だけをお届けします。

作品に使用する革は主にイタリアの重金属を使用していない、経年変化を楽しめる植物タンニンなめしの革です。

こだわり抜いた作品を作る革工房 datto さん。マーケット当日はお客様に合わせたベルトの穴開けも行います。ぜひ実際に手に取り、仕上がりの綺麗さを含めたこだわりを見て欲しいと思います。

「革工房datto」さんをお知りになりたい方はコチラ