case001

窪田町の家
建築家対談

ずっと印象に残っていました。

― 家づくりのきっかけについて教えてください。

ご主人:前々から、家を建てることはひとつの目標でした。
良さそうな土地も見つけられたので、年齢的にもそろそろかなと。

奥 様:ノモトさんを知ったのは、見学会の案内でした。良さそうな感じだったので、行ってみようと。

ご主人:その時は参考にするだけのつもりだったんですが、担当の方に熱く説明していただいて。
今でも覚えているくらい、それがずっと印象に残っていました。

― ノモトホームズにしようと決めたきっかけについて、教えてください。

ご主人:素材や設計力の高さ、年をとっても飽きが来ない上質さと、営業の方が自社について誇りをもって語れる姿勢ですね。

奥 様:忙しい主人が「リラックスして休めるように」など家を建てること以外にも建てて終わりではなく、
そこでの生活がより充実できるように一緒に考えてくれました。

ご主人:それに社員の皆さんが現場にいる職人さんの技術を尊敬し、
家づくりに関わる一人一人を大切にする姿勢がいいなと思ったからです。

奥 様:そういうところも自分たちの考えに合っていました。

友達に「旅館に来たみたいだ」と言われる。

― 家づくりでどんなところにこだわりたいと思いましたか?

ご主人:最初に妻と話して決めたことを書いたメモを持って行ったんです。
でも、そのあとはほとんどノモトさんにお任せしました。

奥 様:それが一番いい形になるんじゃないかと思ったんです。お任せして、間違いはないだろうと。

ご主人:「こういう所をこうしてください」というのは、ほぼありませんでしたね。

― お住まいの中で、お気に入りの場所について教えてください。

ご主人:どこもお気に入りですが(笑)特にワークスペースがお気に入りです。 予算の関係で限られたスペースの中でしたが、読書や自分の居場所がほしくて、お願いしました。空間をうまく使って作ってもらい、ひとつの部屋のようになっています。

奥 様:私はデッキですね。ここから佐渡汽船が入ってくるのが見えたり、鳥の声が聞こえたり。晴れた日はデッキでゆったりとコーヒーを飲むのも幸せな時間です。

ご主人:寝室と和室も友達が来た時に「旅館に来たみたいだ」と言われるんです。

奥 様:2階の窓から見える海や夕日なども全部がお気に入りです。

家で過ごす時間が心地よい。

― 実際の住み心地はどうですか?

ご主人:一言で言えば「心地が良い」ですね。仕事から帰ってきて越後杉の香りをかぐと、「帰ってきたんだ」と癒されます。

奥 様:友達が遊びに来ると長い時間ゆっくりしていくんです。自分たちだけではなく、来た人みんながくつろいでいるんでしょうね。

― 家を建ててから、「以前の生活より良くなった」と感じるのはどんなところですか?

奥 様:全部ですね(笑)

ご主人:住んでいて、安心感の度合いが違いますね。
全ての面において快適になりました。それから、新しくて住み心地の良い環境になって、待望の赤ちゃんもやってきました(笑)

奥 様:以前は休みの日に外出することも多かったんですが、今はあえて出かけず、家でのんびりした時間を過ごすことも増えました。友人を招いて食事をしたり、庭いじりをする機会も増えました。

相談のしやすさ。

― アフター点検など、お引渡し後のスタッフの対応はいかがでしょうか?

ご主人:建てたら終わりだと思っていたんですが、家のことで分からないことがあって連絡すると、すぐに対応してくれます。

奥 様:相談しやすいんですよね。親戚のおじさんみたいです(笑)。
住み始めたころに床にシミを作っちゃったことがあるんですが、慌ててノモトさんに連絡するといろいろ教えてくれました。 これからも、何かあったらすぐ相談しちゃうかも(笑)

野 本:もちろん何でも相談してください。私たちもプロとして対応いたします。

選んで間違いがない。

― これからノモトホームズで家づくりをご検討されている方へ、
 メッセージをお願いいたします。

ご主人:ノモトさんの見学会や展示場に足を運んでもらいたいですね。
そこで職人さんの細かな技術や、社員さんの熱い思いを感じることができます。そうすれば私たちのような若い世代でも、いい家だなと共感できると思います。

奥 様:計画段階から、建てた後まで、社員の方々に親身に相談に乗ってもらい一緒に楽しく家づくりが行え、満足した家が建てられます。選んで間違いないと思います。

ご主人:ノモトさんを選んで、大成功だったね。

奥 様:ほんとに良かったね。

野 本:嬉しいお言葉、ありがとうございます。
本日はお忙しいところ、ありがとうございました。今後とも、よろしくお願い致します。

photo