スタッフブログ

Staff Blog

12日(金)は泉幸甫先生講演会です!2018.10.07

こんにちは。営業設計の竹村です。

 

10月12日金曜日は、建築家 泉幸甫先生による講演会を開催させていただきます。

「工業化と手作りの狭間にて―住宅デザインと生産―」と題し、

泉先生がこれまで数々の実践を通して築き上げてこられた建築感について、

深くお話を伺いたいと思っています。

どんなお話が聞けるのか、私自身この企画が決まった時からとてもワクワクしています。

時間は18時半より、会場は新潟大学附属図書館のライブラリーホールとなります。

皆さま、ぜひこの機会にお越しくださいませ!

 

<図書館の地図はこちらです>

お申し込みはノモトホームズまで、お電話またはメールにてお願いいたします。

 

さて、本日は朝から社内でもくもくと図面業務。

これから着工予定の亀田の家(仮)の照明計画と、

スイッチ、コンセントの計画を行っています。

これらの計画をする際は、平面図を見ながら脳内で家中を歩き回ります。

夜帰宅してから部屋の灯りを点けるまでの流れ・・・

夜中起きてトイレに行くまでの流れ・・・

朝薄暗いうちに起きてキッチンに立つまでの流れ・・・

ホットプレートで今日は焼肉パーティー・・・

冬場の室内干し用に除湿器をここに置いて・・・

 

いろいろな場面を想像しながら、スイッチの位置を考えます。

しかしスイッチも「あっちで消せたりこっちでも消せたり」というように

多ければ良いというわけではなく、

なるべく室内がすっきりするよう、最低限の位置で検討していきます。

モデルハウスもスイッチが最低限に集約されています。

 

コンセントは、部屋や什器の用途、家電等の有無に合わせて適所に配置していきますが、

それ以外に、脳内で掃除機をかけながら家中ぐるぐる歩き回ります。

一般的には掃除機のコード長さは約5メートル。

ですから、これを基準に室内にバランスよく配置していきます。

 

コンセントもスイッチと同様で、多ければ良いというわけではないので、

掃除機がコードレスであれば、コンセントも必要最低限ですっきりしますね。

 

★モデルハウス公開中です!お問い合わせはこちらまで↓

ノモトホ-ムズ

所在地:〒950-0862 新潟県新潟市東区竹尾2丁目263-4

電話:025-270-4400

 

 

 

 

竹村 泰彦

営業・設計

竹村 泰彦
TAKEMURA YASUHIKO

Profile
1984年 和歌山県太地町生まれ
新潟大学工学部建設学科、新潟大学大学院自然科学研究科にて建築を学ぶ。
卒業後は都内ゼネコンにて大型マンションや事務所ビルの設計監理を担当。
その後、新潟市内のハウスメーカーにて住宅設計の仕事に従事した後、ノモトホームズの家づくりの魅力に惹かれ、転身。現在は営業設計として勤務。
Hobby
渓流釣り・フットサル・おいしい唐揚げ屋探し
Message
「素朴でかわいい」住宅が好きです。
派手さはないけれど趣があり、住まうにつれて愛着が湧き、空間が豊かであり、こぢんまりとした佇まいにふと足を止めるような住宅です。

お客様のご要望を満足するのはもちろん、敷地の「個性」や新潟の気候風土に適した「地域性」、自然素材のもつ「質感」を設計にうまく取り入れること、職人さんの「手仕事の跡」が仕上げや納まりに感じられることが、「素朴でかわいい」建築につながる気がしています。